中小企業向けテレワークシステムの医療業界への営業活動を継続的に支援

医療業界の事例
業種

医療業界

製品

中小企業向けテレワークシステム

従業員規模

1〜100人

課題

営業担当者が1名しかおらず、営業活動が機能していない

製品について

中小企業向けのテレワークシステムを医療機関向けに最適化させた製品です。

病院では患者さまからナースコールや外部からの電話がかかってくると、その都度スタッフステーションまで電話を受けに行かなければならないという状況があります。ほとんどの病院では内線だけがスタッフのスマートフォンで着信がある状況です。

本製品を導入することで、ナースコールや外部からの電話が直接スタッフが持っているスマートフォンに着信させることができ、スタッフステーションまで行く必要がなくなり、労力のコストダウンが見込めます。

課題

社内に営業担当者が1名しかおらず、営業体制が社内でほとんど機能していない課題があります。

また、もともとが一般的な中小企業向けのテレワークシステムであるため医療・病院向けにどのような営業戦略で販路を拡大していけばいいのかノウハウがまったくないという状況でした。

支援内容

現在も継続的に支援中ですが、まずはゼロからの営業戦略の作成を支援。

営業時に使う資料の作成やターゲット先リストの作成といったゼロからの営業体制の構築を支援しています。

各地域の代理店のリストアップや地域ごとの病院のリストアップを行った上で営業戦略をどこからどんな切り口で開拓していくのかといった長期的な支援を継続して行っております。

さらに、営業支援の他に社内の製品開発チームと密に連携しながら開発チームの取りまとめも請け負って幅広く支援しております。